シェフズデイ2017「Foods For Healthy Heroes」

international chefs day

 105カ国の世界のシェフが会員となっているWorld Association of Chefs Societies(世界司厨士協会連盟 通称WACS)では、毎年10月20日をChefs Day(シェフズデイ)とし、その年のテーマに応じた活動を各国で行っています。今年の世界共通テーマは「Foods For Healthy Heroes」です。
 総本部では、一般社団法人ニュートリション運動推進会議子どもの健康づくり委員会と共催し、平成29年10月24日に、長崎県東彼杵郡の川棚町立川棚小学校6年生2クラスの合計70名に対して、体験・参加型の食育授業を行いました。
 当日は、総本部より宇都宮会長、熊谷副会長、岩崎海外交流委員長および西日本地方本部から総勢20名のシェフが授業に参加し、野菜をふんだんに使ったロールサンドや特製サラダなどを児童と一緒に調理を行いました。食材には数多くの野菜やフルーツとともに長崎県産の和牛を取り入れ、地元食材を使うことで地産地消の推進を授業に盛り込みました。
 調理の前に児童は全員手洗いをしっかり行い、小さなコック帽とエプロンを着用し、体育館に集合。山口文夫町長、山口厚校長、宇都宮会長の挨拶の後、授業が始まりました。
 熊谷副会長による本日のメニューのデモンストレーションの後、いよいよ実習です。本格的な料理を作ることにみんな緊張しながらも笑顔があふれ楽しく作業がスタートしました。
 調理するメニューごとに複数班に分かれ、児童自らが包丁や調理器具を使いシェフと一緒に作業を進めました。熊谷副会長からは、「ひとりで食べてはつまらないです。仲間と一緒にわいわいと楽しく美味しいものを食べると自然に笑顔になり幸せな気持ちになります。」と、児童のみんなに食事を楽しく取ることの大切さを伝えました。
 調理の後は、花を飾ったテーブルにクロスをかけた本格的なスタイルで、マナーを学びながら食事をみんなでいただきました。食後には児童からシェフに質問もあり、充実した食育授業となりました。
 ご協力いただきました川棚小学校の先生方、シェフの皆様および関係スタッフの皆様に心よりお礼を申し上げます。


ヘルシーキッズ





川棚町 山口文夫町長


川棚小学校 山口厚校長


宇都宮久俊会長


熊谷副会長による実演の様子


実習中の児童にアドバイスする宇都宮会長


実習の様子


野菜たっぷりパワーアップロールサンド


大地を感じる農夫風サラダ


和梨のスープ


みんなで楽しく食べました


児童の質問に答える熊谷副会長


児童からシェフたちにお礼
ネスレ日本