ペルー共和国の洪水被害に対する義援金について

 ペルーでは昨年末からエルニーニョ現象の影響により、過去20年間で最も深刻な大雨と洪水の被害が発生しており、国内の多くの地域で非常事態宣言が出されています。
 ペルーの国家防災庁(INDECI:Instituto Nacional de Defensa Civil )によると、リマだけでも洪水による負傷等の被災者は約25,000名、ペルー全土では100万名を超えている様子。この様な状況において、ペルーシェフ協会は世界司厨士協会連盟(WACS)およびWACS内部組織である国境なきシェフ団(WCWB:WorldChefs Without Borders)と連携して、AJCAを含む世界のシェフに対して寄付と支援を要請しています。
 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会では、この要請に対して、WACSを経由した支援金としてUSD800を寄付させていただきました。
 ペルーにて被災された多くの皆様の1日も早い復興を祈念しております。


洪水被害の様子