イベント情報 / Event(2017年)


“TASTE OF AUSTRALIA”第2回メニュー・コンテスト2017 授賞式開催


 オーストラリア大使館商務部は平成29年12月1日(金)、同大使館(東京都港区)において、“TASTE OF AUSTRALIA” 第2回メニュー・コンテスト2017の授賞式を開催しました。
 このコンテストは、食を通じた日豪交流のさらなる発展を目指すため、「和」をテーマにオーストラリア産食材を使用し前菜、メイン、デザートの画期的なメニューの考案と各メニューに合う飲料の提案等(一次審査)を行い、一次審査を通過した10チーム(1チーム3名まで)が二次審査(調理コンテスト)で腕を競いました。
 審査員は、総本部副会長である坂井宏行氏(ラ・ロシェル オーナーシェフ 審査員長)、陳建一氏(四川飯店グループ取締役会長)、山下春幸氏(HAL Yamashita エグゼクティブ・オーナーシェフ)、柴俊夫氏(オーストラリア親善大使)、リチャード・コート氏(駐日オーストラリア大使 特別審査員)の5名が務めました。
 当日は、二次審査に進んだ10チームの中から5チームが表彰され、最優秀賞は、22<トゥ・トゥ>(東京都中央区)の飯久保孝行氏、高橋亮介氏、内山拓弥氏が受賞しました。副賞として受賞5チームの中から各1名にオーストラリア視察研修旅行が贈られました。
 受賞された皆様おめでとうございました!





最優秀賞 前菜
cape grimbar (ケープ グリムバー)


最優秀賞 メイン
タスマンブイヤベース


最優秀賞 デザート
アーモン豆腐



最優秀賞を受賞した22<トゥ・トゥ> のチームと記念撮影


審査員とファイナリスト10チームの皆さん
料理写真:オーストラリア大使館商務部




公邸料理人説明会のお知らせ(名古屋)


 一般社団法人国際交流サービス協会が愛知県名古屋市にて「公邸料理人説明会」を開催いたします。
 公邸料理人は、「料理」を通じて日本文化を海外に紹介し、国際外交に貢献する、とてもやりがいのある仕事です。「海外で活躍したい、日本では経験できないことにチャレンジしたい、自分の技術を海外で試してみたい」など、公邸料理人にご興味のある皆様、ぜひご参加ください!!

日 時  2月18日(日)14:30〜15:45
場 所  TKP名古屋駅前カンファレンスセンター


公邸料理人説明会

詳細は上記をクリック
公邸料理人募集要項

公邸料理人募集要項



第55回技能五輪全国大会


 42の職種で23歳以下の全国の技能者が競技を行う第55回技能五輪全国大会が、11月24日から27日まで厚生労働省、中央職業能力開発協会および栃木県の主催で開催されました。
 「西洋料理」職種は競技が先行して行われ、11月20・21・22・23日の4日間にわたり、IFC調理師専門学校(栃木県宇都宮市)において実施されました。
 優勝者は宅島力斗選手(ホテルニュー長崎)でした。
 おめでとうございました!




役員、参加選手で記念撮影


競技の様子


優勝した宅島選手と宇都宮久俊会長


優勝作品 第1課題【オードブル】
様々な野菜と栃木県産食材のガトー仕立て
ベジタリエンヌ


優勝作品 第2課題【メインディシュ】
ニジマスのポッシェとパン粉焼き
三種野菜添え


優勝作品 第3課題【デセール】
栃木県産トマトのババロアとジュレ
アングレーズソース添え

西洋料理発祥の碑 建立40周年記念式典


 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会が建立した「西洋料理発祥の碑」が長崎のグラバー園内にあり、この度、建立40周年の記念式典が平成29(2017)年10月25日に開催されました。
 この碑は西洋料理発祥の地を記念し、昭和52(1977)年5月9日に協会の西日本地方本部長崎県本部、長崎支部を中心に全国の協会会員ならびに長崎市の支援により建立されました。当時の除幕式には、協会の初代会長斎藤文次郎氏をはじめ全国から大勢のシェフが集まりました。今回もグラバー園に100名を超えるシェフが協会の公式シェフコート姿で式典に参加しました。式典の後、ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルにて、前長崎市歴史民俗資料館長の永松実氏による記念講演「本邦初の洋食屋」が開催され、「自由亭」の草野丈吉等、黎明期の洋食屋についての話を聞く貴重な機会となりました。
 夜の懇親会では、西洋料理の食文化と技能の伝承をし、業界発展に尽力されたシェフの「徳」を讃えるために記念碑建立を契機に創設された「顕徳章」の表彰を行いました。全国から推薦をいただいた7名(唐澤秀明氏:関東総合地方本部、和佐田美久氏:東海地方本部、小西謙造氏:北陸地方本部、鵜野恒行氏:関西地方本部、井之村三郎氏:西日本地方本部、上野賢三氏:西日本地方本部、成安宣章氏:西日本地方本部)のシェフが受章されました。受章者の皆様、おめでとうございました!






西洋料理発祥の碑


徳永会長による挨拶


宮司による祝詞


全国のシェフたち


神葬祭での玉串奉奠


武部名誉総裁によるワインでの乾杯


自由亭の前で記念撮影


顕徳章を受章された鵜野恒行氏
(関西地方本部)


記念講演


懇親会での宇都宮会長挨拶


顕徳章を受章された方々


懇親会での素晴らしい料理の数々


懇親会での素晴らしい料理の数々


西村常務理事による乾杯


中国四川省の伝統芸能「川劇」



第2回 Art & Science 料理セミナー 開催参加者募集中!!


 第2回 Art & Science 料理セミナー をエレクトロラックス・ジャパン株式会社と共催で開催することになりました。

 今回のテーマは、イタリアンです。
 「目からウロコのイタリア料理調理セミナー」と題し、エレクトロラックス社の調理機器を使い、ヨーロッパ最先端の調理法と調理科学のコラボレーションを皆様にご提案させていただきます。

 このセミナーは世界のシェフ団体WORLDCHEFSと提携し世界各国で開催されており、業務効率を上げる講師の調理テクニックを間近で学べるよう今回も少人数制とさせていただきます。参加を希望される方はお早めにお申し込みください!

開催日時 11月17日(金)11時〜16時
開催場所 東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」
     (東京都港区東新橋2-14-1 NBFコモディオ汐留)
講師   一般社団法人日本フードラボ&トレーニング協会会長 大西 周 氏

★当日はコックコートのみ各自ご用意ください。


参加申込書

【申込用紙】
上記をクリックし必要事項を記入の上、FAXまたはE-mailでお申込ください。


               前回セミナーの様子

【お申込み・お問い合わせ】
内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会 総本部国内事業本部 村田まで
TEL:03-5473-7241 FAX:03-5473-7244




公邸料理人説明会のお知らせ


 一般社団法人国際交流サービス協会が福岡県福岡市にて「公邸料理人説明会」を開催いたします。
 公邸料理人は、「料理」を通じて日本文化を海外に紹介し、国際外交に貢献する、とてもやりがいのある仕事です。「海外で活躍したい、日本では経験できないことにチャレンジしたい、自分の技術を海外で試してみたい」など、公邸料理人にご興味のある皆様、ぜひご参加ください!!

日 時  10月8日(日)14:30〜15:45
場 所  TKP 博多駅前シティセンター


公邸料理人説明会

詳細は上記をクリック
公邸料理人募集要項

公邸料理人募集要項



チリ大使館主催の料理講習会(チリアン・キュイジーヌ講習会)のお知らせ




 本年はチリと日本が国交を結んでから120年という節目を迎えます。10年前に締結された経済連携協定後は関税率の引き下げにより、昨今ではチリワインをはじめとした低価格で良質なものが日本の消費者にも数多く提供されております。
 今回はチリ本国はもとより海外でも活躍されている女性シェフのピラール・ロドリゲス・モラ氏を招聘し、ワインとのマリアージュを含めた料理講習会を大使館主催により開催(場所は全日本司厨士協会の本部があるJCビル)いたします。パリのル・コルドンブルーで学び、ミシュラン三ツ星「ルドワイヤン」のクリスチャン・ル=スケール氏の下で修業後、チリに帰国され、ますます活躍のピラール氏の料理と併せて、日本からは学士会館の取締役総料理長の大坂勝氏によるチリ食材を使った料理のプレゼンテーションも行う予定です。 皆様、ぜひご参加ください!!

日 時  10月17日(火)14:00〜(13:30受付開始)
場 所  港区芝公園3-6-22 JCビル マリンルーム(地下1階)
参加費  無料
定 員  40名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)
申込はFAXもしくはメールにてお願いします。
FAX:03-5473-7244



参加申込書

申込書は上記をクリック
ピラール・ロドリゲス・モラ氏

ピラール・ロドリゲス・モラ氏
プロフィール



第4回AJCA日蘭友好オランダポーク料理コンテスト開催


EUROPE UNION flag

 平成29年8月28日(月)、学校法人糸菊学園名古屋調理師専門学校にて、第4回AJCA日蘭友好オランダポーク料理コンテスト(協賛:オランダ農業振興会、後援:駐日オランダ王国大使館・愛知県・名古屋市・名古屋商工会議所・中日新聞社・スジャータめいらく株式会社)が開催されました。
 今回は内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会の東海地方本部会員で、35歳以下の全10チームが出場し、競技はミステリーボックス形式でスポンサー指定食材や地産地消食材を使い調理技術を競いました。  総合第1位・愛知県知事賞・オランダ賞は、田中伸明選手・長田竜弥選手(ウェスティンナゴヤキャッスル)でした。おめでとうございました!!
 なお、総合優勝チームにはオランダ研修旅行の他に、駐日オランダ王国大使館よりオランダ製陶器のお皿が贈られ、さらに農務参事官より、優勝チームの作品は大使館の公式レセプションで提供する旨がサプライズ発表されました!
 詳しくはこちら




第15回AJCA Culinary Challenge in HIROSHIMA 2017 開催!


 平成29年8月8日(火)、学校法人原田学園広島酔心調理製菓専門学校にて、第15回AJCA Culinary Challenge in HIROSHIMA 2017(協賛:髙瀬物産株式会社 後援:広島県、広島市、広島県職業能力開発協会、全国農業協同組合連合会広島県本部)が開催されました。
 今回は、内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会の中国地方本部会員で、30歳以下の全9チームが出場し、競技はミステリーボックス形式でスポンサー指定食材や地産地消食材を使い調理技術を競いました。
 総合第1位・広島県知事賞は、大河亜湖選手・川本瑛理香選手(海辺のガーデンハウス リーベリア)でした。おめでとうございました!!

 詳しくはこちら



第15回AJCA Culinary Challenge in TOKYO 2017

▲左から宇都宮久俊会長、中国地方本部中村春男会長、川本瑛理香選手、
 大河亜湖選手、海辺のガーデンハウス リーベリア総料理長 中原月男氏(中国地方本部)


エレクトロラックス・ジャパン株式会社と共催
「第1回Art&Scienceセミナー」開催


Andalusia

 7月31日、東京ガス業務用ショールーム厨BO!SHIODOME(東京都港区)にてエレクトロラックス・ジャパン株式会社と共催の「第1回Art&Scienceセミナー」を開催しました。
 Art&ScienceとはWACS(世界司厨士協会連盟)とエレクトロラックス・プロフェッショナル社とのパートナーシップ活動の一環で、世界各国のWACS加盟国で行われている参加型調理セミナーのことで今回が日本で初めての開催となりました。
 講師はシンガポールから来日したエレクトロラックス・プロフェッショナル社コーポレートシェフ ダニエル・シュナイダー氏と一般社団法人日本フードラボ&トレーニング協会会長の大西 周シェフが務め、「インバウンド需要に対応した世界のビュッフェ 世界の最先端調理法を学ぶ」をテーマに作業効率アップ、コスト削減につながる真空調理・クックチル・圧力調理について、講義とエレクトロラックス社の厨房機器を使ってビュッフェメニュー15品の実演、出来立ての試食を行いました。
 参加者の皆さんは全員コックコートを着用し、間近で最先端機器を使用した大量調理や同時調理のノウハウを目と耳と舌で学ぶことができました。
 次回は11月17日の開催予定です。テーマや内容は検討中ですので、決まり次第、ホームページ等で公開します。お楽しみに! Don't miss it!




宇都宮会長より挨拶


エレクトロラックス社コーポレートシェフ
ダニエル・シュナイダー氏


セミナーの様子


3品同時調理の機器の使用説明の様子


参加者全員で記念撮影



“TASTE OF AUSTRALIA”
第2回メニュー・コンテスト2017 参加者募集!


 日本・オーストラリア経済連携協定(日豪EPA)が発効してから3年目。関税率の引き下げによりオージービーフやオーストラリアワイン等、魅力的な食材がますます使いやすくなってきており、今回、昨年に引き続きオーストラリア大使館の主催による「第2回メニュー・コンテスト2017」が開催されます。
 コンテストでは、オーストラリア産食材を使い「和」をテーマにした、前菜・メイン・デザートのメニューを考案し、また、各料理に合うワイン等のアルコールやソフトドリンクも同時に提案します。1チーム3名までで、そのうち1名は35歳未満、他2名は年齢制限はありません。参加をご希望の方は、まずは、「参加同意書」を8月18日(金)までに大使館に提出してください。大会の詳細や全体の流れは以下の通りです。
 昨年の大会でも全日本司厨士協会から多くの会員の皆様が参加をしていただきました。今回も「参加条件と規約書」「1次審査の概要と応募用紙」等の大会関係資料をよくお読みになり、ぜひご参加ください!




調理コンテストの様子(前回大会)


オーストラリア大使館での授賞式(前回大会)


オーストラリア大使館公式サイトでの本大会情報はこちら

【大会全体の流れ】

(1)「参加同意書」の提出締切 8月18日(金)
(2)メニュー提出締切 9月29日(金)
(3)上位10チームの発表 10月31日(火)
(4)上位10チームによる調理コンテスト   11月30日(木)
(5)優勝チーム発表・授賞式 12月1日(金)

★考案いただいたコース料理と飲料は、応募者の所属する店舗において、2017年9月中旬〜10月末の2週間以上の期間で実際に販売いただくことが参加条件の一つとなります。
★テーマの「和」については、創造性を発揮して自由に表現してください。器、食材、調味料、技法等、どこに表現いただいても結構です。応募用紙でどのように表現しているかをご説明いただきます。

参加を希望されるチームは、まずは「参加同意書」を8月18日(金)までに オーストラリア大使館にご提出ください!

[お問い合わせ先]
オーストラリア大使館 商務部
〒108-8361東京都港区三田2-1-14


*電話でのお問い合わせはお受けしておりませんのでご了承ください。

Australian Government

2017年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト開催!


Andalusia

 スペイン・アンダルシア州政府 アンダルシア製品輸出促進公社(EXTENDA)は、アンダルシア産イベリコハムの普及と市場拡大を目的に、アンダルシア産イベリコハムのカッティングに関するセミナーと隔年開催の第6回アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールコンテストを7月11日(火)に京都(京都タワーホテル)、13日(木)に東京(服部栄養専門学校)にて開催しました。
 セミナーでは、スペイン人シェフ ホセ・アルバレス氏とスペイン在住の和食料理人 高倉弘清氏によるアンダルシアと日本の食文化の融合をテーマとした料理プレゼンテーションおよびスペイン人講師 ヘスス・デルガード氏によるイベリコハム、カッティングの講義、輸入業者によるイベリコハム試食会が行われました。
 その後、コンテストが行われ、希望者のみカッティングの実技試験に臨みました。協会からは宇都宮会長、大西理事長、占部国内審査委員長が審査員として参加しました。優勝は京都会場:横川 咲氏(TATO)、東京会場:篠崎新平氏(Bar 篠崎)で、副賞としてアンダルシアへの研修旅行が贈られました。おめでとうございます。
 コンテスト詳細についてはこちら




京都会場の様子


京都会場の優勝者 横川 咲氏(写真中央)


東京会場の様子


写真左からホセ・アルバレス氏と高倉弘清氏


ヘスス・デルガード氏


東京会場の優勝者 篠崎新平氏(写真右)



エレクトロラックス社によるArt&Science料理セミナー


 Electrolux

 この度、海外の厨房機器メーカーのエレクトロラックス・ジャパン様と共催でArt&Science料理セミナー
を開催することとなりました。

 エレクトロラックス社は全日本司厨士協会が加盟しております世界司厨士協会連盟(WACS)の世界
共通パートナーで、今回のセミナーと同じ内容のものはアメリカやアジア、ヨーロッパなど全世界でも
開催されています。

 当日のテーマは「クック&チルと真空低温調理のバンケット活用」についてです。世界でも最先端の
エレクトロラックス社の技術を当日実践を交えて皆様にご提案する内容となっております。日頃の業務
の作業効率を上げるヒントが発見できるかと思いますので皆さまぜひご参加ください。

 ★当日はお一人様でももちろん大歓迎ですが、職場の責任者とご一緒にお二人で参加されるとより
効果的に学べる内容となっております。

 なお、当日はコックコート持参でお願いします。

 講師はエレクトロラックス社コーポレートシェフのダニエル・シュナイダー氏がシンガポールより
来日します。

日時 7月31日(月)10:30 受付開始 11:00〜17:00 定員に達しましたので、募集を締め切りました。(次回、11月予定)
場所 東京ガス業務用ショールーム 厨BO!SHIODOME
   東京都港区東新橋2-14-1 NBFコモディオ汐留


参加申込書

上記をクリックし申込書に
必要事項を記入の上、
FAXまたはE-mailで
お申込みください。
講師のダニエル・シュナイダー氏

講師のダニエル・シュナイダー氏
ドバイでの料理セミナーの様子

ドバイでの料理セミナーの様子


【お申込み・お問い合わせ】
内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会 総本部国内事業本部 村田まで
TEL:03-5473-7241 FAX:03-5473-7244



井田仲弘シェフとキユーピーがコラボした「MOTTO VEGEモットベジ 料理講習会」参加申込み受付中!


 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会は賛助会員であるキユーピー株式会社に協賛していただき、
ホテルメトロポリタン井田仲弘総料理長による「MOTTO VEGE 料理講習会」を平成29年7月5日(水)に
開催します。
 当日は、レストランのブッフェで提供したくなる、お客様がMOTTO食べたくなる特製パワーサラダ他、
全3品を大公開。さらに、井田総料理長の「技」と「トーク」も全開にしますので、ホテル・レストラン
関係の皆様、見て・聴いて・楽しんで!
 申込み締切は6月23日(金)、先着40名様となりますのでお早めにお申込みください。

※キユーピーは外食での野菜摂取を応援する「MOTTO VEGE(モット ベジ)プロジェクト」を推進しています。

日時  平成29年7月5日(水)14:00〜 受 付 13:30〜
場所  東京都渋谷区渋谷1-4-13 キユーピー株式会社 渋谷オフィス3F
    プレゼンルーム 1
参加費 無料(お土産付き)
締切  6月23日(金)
定員  先着40名(定員になり次第、締切とさせていただきます)
申込先 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会 総本部
    TEL:03-5473-7241 FAX:03-5473-7244
    


申込書

上記をクリックし申込書に
必要事項を記入の上、
FAXまたはE-mailで
お申込みください。
井田仲弘総料理長

井田仲弘(いだ なかひろ)

内閣府認定公益社団法人 全日本司厨士協会
東京地方本部副会長・城北地区本部長
1948年埼玉県出身

18歳で小さな食堂にて料理の世界に入る。
その後、都内ホテル等を経て、現在、
日本ホテル株式会社取締役、ホテルメトロポリタン総料理長。


アクセスマップ



『2017年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト』開催のお知らせ


アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト

 スペイン・アンダルシア州政府 アンダルシア製品輸出促進公社(EXTENDA)はアンダルシア産
イベリコハムの普及と市場拡大を目的に、アンダルシア産イベリコハムのカッティングに関する
セミナーとコンテストを7月に京都と東京で開催いたします。
 セミナーではスペイン人シェフとスペイン在住の和食料理人による料理プレゼンテーションや
スペイン人講師によるイベリコハムの講義、輸入業者によるイベリコハム試食会が行われるなど
多彩なラインアップ!
 セミナー後には隔年開催の「第6回アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールコンテスト」
が実施され、希望者のみカッティングの実技試験に参加することができます。
 セミナー、コンテストともに参加費は無料!
 ぜひ、ご参加ください。お申し込みはFAX(050-3737-3268)にてイベント事務局まで。
 締切は6月30日(金)です。

2017年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト

主催 スペイン・アンダルシア州政府 アンダルシア製品輸出促進公社(EXTENDA)
日程 7月11日(火)9:00受付 京都 会場:京都タワーホテル
   7月13日(木)9:00受付 東京 会場:服部栄養専門学校

詳細、お申込みはこちら

参加申込書

上記をクリックし申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。


国際料理コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ」エントリー受付中(平成29年2月1日〜4月30日)


サンペレグリノ ヤングシェフ

 世界中の美食家に愛されているファインダイニングウォーター「サンペレグリノ」を世界130カ国
以上で販売しているサンペレグリノ社(本社:イタリア・ミラノ)が、30歳以下の若手料理人の
世界一を決める国際料理コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ」を開催します。

 サンペレグリノ社は、全日本司厨士協会主催のトックドール料理コンテストで毎回協賛をして
いただいておりますネスレ日本株式会社と同じグループです。
 今回のコンテストへの参加条件は、前回同様に30歳以下で1年以上の経験のあるすべてのシェフに
チャンスがあります。全世界20エリアの各地区大会で勝ち残った代表者は、イタリア・ミラノでの
グランドファイナルに出場することになります。
 我こそはと思うシェフの皆さん、ぜひオンラインにてお申し込みください!
(平成29年2月1日〜4月30日)

 今回は大会運営事務局(サンレグリノ&アクアパンナPR事務局)にて英語サポートを行いますので、
日本語でのお申込みをご希望される方は、まずは「参加申し込みにおける英語サポートのご案内」に
必要事項を記入し、大会運営事務局までFAXもしくはメールをお送りください。

ネット上での英語申込みはこちら 登録までの流れ

公式ルール

サンペレグリノ ヤングシェフ2018

*ネット上での応募は英語のみとなりますが、英語サポートが必要な方は、サンペレグリノ&アクアパンナPR事務局の担当森山までお問い合わせください。日本語での申込みも受け付けています。




前回のグランドファイナル(イタリア・ミラノ)の様子


ミッチ・ラインハルト氏

サンペリグリノヤングシェフ2016優勝者
米国代表ミッチ・ラインハルト氏
ミッチ・ラインハルト氏の作品

ミッチ・ラインハルト氏の作品
Roasted Duck with Spiced Orange and Yam
【お問い合わせ先】
サンペレグリノ&アクアパンナPR事務局(SivanS 株式会社) 担当:森山
〒107-0062 東京都港区南青山 6-7-2 VORT南青山I-2F
TEL:03-5464-3715 / FAX:03-5464-3714