イベント情報 / Event(2021年)


第59回技能五輪全国大会


 12月17日〜20日、23歳以下の全国の技能者(全42職種)が競技を競う第59回技能五輪全国大会が厚生労働省、中央職業能力開発協会および東京都の主催で開催されました。西洋料理職種の競技は先行して行われ、12月14日に全体ミーティングを行い、競技ルールの説明や会場(東京誠心調理師専門学校)の調理機器の確認等を行い、12月15・16日および18・19日の4日間で競技大会を開催しました。
 今回の大会は通常とは異なり、開会式および閉会式はオンラインによる無観客形式となりました。また、出場選手の健康チェック表の報告や調理台の距離の確保、さらに来場者においても事前登録制とし、PCR検査の検査済証の提示、体温チェックや消毒等、新型コロナウイルス感染症の対策を十分に行ったものとなりました。
 厳しい審査の結果、第59回大会の優勝者(金賞)は、上田那月選手(国際調理製菓専門学校)に決定しました。
 上田選手、おめでとうございました!


来場者はPCR検査済証の提示と体温チェック
全国から集まった選手の皆さん
全体ミーティングでの調理機器の説明
補佐員の皆さんによる食材準備
競技前の衛生検査
各調理台の間隔を十分に確保
競技の様子
競技の様子
作品提出時の温度・重量チェック
競技委員による審査
提出されたコース料理
競技委員による選手への作品講評
2日目を終えて関係者によるグループワーク
毎日のミーティングで各担当者から改善点を報告
大会を支えた競技委員・補佐員の皆さん

【優勝(金賞)作品】

第1課題 オードブル

3種の野菜のファルシー、パプリカソース

第2課題 メインディッシュ

鶏もも肉のルーラードゥ、マスタードソースと鶏むね肉のソテー、シャスールソース

第3課題 デセール

ホワイトチョコレートのケーキと生チョコのタルト、アングレーズソース



第59回技能五輪全国大会 西洋料理職種 選手リスト


 23歳以下の全国の技能者(全42職種)が競技を行う第59回技能五輪全国大会 が、厚生労働省、中央職業能力開発協会および東京都の主催で開催されます。「西洋料理」職種の競技は、12月15・16・18・19日の4日間にわたり、東京誠心調理師専門学校(東京都大田区)において実施されます。
 コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本大会では開会式および閉会式はオンラインにて行い、会場の見学者も事前登録をする等、徹底した対策を行っています。
 選手の皆様、がんばってください!!





プランテイン(調理用バナナ)試食会


pro ecuador logo


 12月9日、JCビル(東京都港区)のマリンルームで、駐日エクアドル大使館主催のプランテイン試食会が開催されました。日本人が普段よく目にする黄色いバナナと緑色のプランテインの違いなどを分かりやすくスライドで説明をした後、大使館主催レシピコンテストの応募作品をエクアドル料理研究家ヒメナ・シスネロス氏が調理し試食。たこせん風にアレンジしたユニークなものやセビッチェ(海鮮のマリネ)といったエクアドル料理まで、全8品。途中、遠藤ヒトシシェフ(SVB代官山)によるSango de verde(プランテインと鶏肉の煮込み)の実演もあり、アットホームでとても楽しくプランテインのことが学べた試食会でした。
 プランテインは加熱調理して食べる果物で、芋と似てデンプンが多く含まれ栄養価の高い食べ物です。日本のスーパーでは見かけることはあまりないのですが、熱帯地方では食卓に欠かせない食材です!
 皆さんもぜひ一度お試しください!!


プランテインの説明
試食会に参加の皆様
アギラル商務参事官(左)と大使館スタッフ
による進行
試食メニューの説明
試食準備の様子
プランテインの皮をむく様子
煮込み料理の実演
ヒメナさんとスタッフの近藤さん
記念写真
plantain club


調理用バナナを使ったエクアドル料理 試食会の参加者募集!!【12月9日開催】


 駐日エクアドル大使館が本場のエクアドル料理をご紹介する試食会のお知らせです。

 今回扱うメインの食材はバナナです。

 バナナといってもフルーツとして食べるものではなく、調理用バナナのプランテイン(plantain)になります。
 日本からはとても遠い国、南米のエクアドル、実は「世界一」のバナナ輸出国です!

 試食会では、プランテインの魅力を在日エクアドル人シェフとエクアドル料理研究家のお二人が調理方法などを説明し、料理のデモンストレーションを行います。
 もちろん試食もあります!
 また、当日のメニューには大使館主催のレシピコンテストの応募作品からユニークなものをいくつかご紹介する予定です。
 皆さん、ぜひご参加ください!!


plantain club
※plantain:アフリカや南米で作られているプランテインの実で、生食用のバナナと異なり加熱して食べます。栄養価が高く、食物繊維も豊富です!



遠藤 ヒトシ氏
エクアドルと日本のハーフ
SVB代官山 料理人

ヒメナ・シスネロス氏
在日エクアドル人
エクアドル家庭料理愛好家

Plantain Clubの試食会 〜プランテインを使ったエクアドル料理のご紹介〜

日程    12月9日(木) 14:00〜16:00
場所    東京都港区芝公園3-6-22 J.C. ビルディングB1F マリンルーム
参加費   無料(先着30名)
応募方法  氏名・電話番号(携帯)と「12月9日試食会に参加」とお書きいただき、
      以下のアドレスにメールをお願いします。
      plantain.club@gmail.com
締め切り  11月25日(木)
問い合わせ エクアドル大使館・商務部(PRO ECUADOR)
      電話番号:03-5778-2772 / 080-3656-4145 (担当者:近藤)

      pro ecuador logo


2021年アンダルシア産生ハム コルタドールセミナー動画


アンダルシア産生ハム公式コルタドールセミナー

 スペイン・アンダルシア州政府アンダルシア製品輸出促進公社(EXTENDA)は、アンダルシア産生ハムのカッティングに関するセミナーおよび隔年開催のコンテストを実施しており、例年、当協会も協力させていただいておりました。今年度はコロナウイルス感染症の影響を鑑み、EXTENDAより昨年に引き続き最新のセミナー動画が届きました。動画では、アンダルシア産生ハムの製造工程やカッティング方法の詳細をご視聴いただけますので、ぜひこの機会にご覧ください。

【講師】スペイン産生ハム国際親善協会(AGACUJ)指導部長 ペドロ・カスコ氏
    2020年度スペイン・コルタドール・コンテスト 優勝者 アルバロ・ディエスマ氏


※2020年のセミナー動画はこちら



第6回ジビエ料理コンテスト開催のお知らせ【応募締切10月8日】


 安心・安全なジビエ料理の普及を進めている一般社団法人日本ジビエ振興協会(代表:藤木徳彦氏)による第6回ジビエ料理コンテストが開催されます。
 「国産のシカ・イノシシを使用し、多くの人に安全でおいしく提供できる料理」をテーマにレシピを募集。一次審査は国産イノシシ肉またはシカ肉もしくは両方を使用したレシピ審査(応募条件の詳細は応募要項をご参照ください)、二次審査は一次審査の上位レシピの実食審査(新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、代理調理にて実施予定)となります。
 参加資格はどなたでも参加できるように年齢も不問です。
 一次審査の応募締切は2021年10月8日(金)となります。ぜひご応募ください!

ジビエ料理コンテスト

日本ジビエ振興協会

 応募フォームに必要事項を入力し、料理写真(データ)を添付の上、応募シートをアップロードしてお申し込みください。なお、フォームからの応募が不可能な場合は、応募シートに必要事項を入力し、料理写真を添付してコンテスト事務局に郵送ください。

【郵送の宛先】
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1−1−2 日比谷三井タワー11階
株式会社ぐるなび内 ジビエ料理コンテスト運営事務局 宛

日本ジビエ振興協会



第9回「カルローズ」料理コンテスト2021開催のお知らせ 【応募締切9月15日】


「カルローズ」料理コンテスト2021

 USAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)は、カリフォルニア産のお米「カルローズ」を使ったレシピを競う、第9回「カルローズ」料理コンテスト2021を開催します。
 テーマは「TA・KI・KO・MI(たきこみ)」です。
 2021年7月15日(木)から9月15日(水)の期間でメニューを募集します。
 応募できる部門には、レストランやカフェ、企業のメニュー開発といった調理業務に従事している方を対象にしたプロフェッショナル部門と調理・栄養系の専門学校に在籍している学生を対象にした学生部門があります。
 「生米から調理(炊く)」を基本とし、スープや旨み、香りを吸収しやすく、べたつかないカルローズの特長を十分に活かした、オリジナリティあふれる新しいスタイルの「TA・KI・KO・MI」レシピを募集します。(スイーツは含みません)。応募方法はUSAライス連合会のウェブサイト内の応募フォームよりご応募ください。
 なお、「プロフェッショナル部門」は書類審査による一次選考で10名のファイナリストを選出、11月初旬に実技審査を行い、同日に結果発表および表彰式を行います。詳細は応募要項をご参照ください。(学生部門は書類審査のみで3名の優秀賞を決定します。)


「カルローズ」料理コンテスト2021

「カルローズ」料理コンテスト事務局
〒113-8477 東京都文京区湯島3-26-9 イヤサカビル(柴田書店内)
TEL:03-5816-8255 FAX:03-5816-8257
   (電話受付時間:10時〜17時 ただし、土日祝日を除く)
MAIL:contest@shibatashoten.co.jp

※先着100名様に「カルローズ」のサンプルをご用意しています。
 氏名、送付先(電話番号含む)、所属先、「カルローズ」サンプル希望を明記の上、
 コンテスト事務局までメールまたはFAXでご請求ください。
※カルローズの購入については、USAライス連合会ホームページの
 カルローズが買えるお店をご参照ください。



第8回「カルローズ」 料理コンテスト2020 結果発表


 USAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)主催の第8回「カルローズ」 料理コンテスト 2020は、コロナ禍により審査が延期していましたが、プロフェッショナル部門の最終審査を6月13日に実施しました。「食べるスープ」のテーマで集まった応募総数137作品の中から金賞・銀賞・銅賞が各1名決定いたしました。

 金賞 早見裕亮氏
 銀賞 菅原裕也氏
 銅賞 加藤太輔氏

 プレスリリースはこちら

 なお、第9回「カルローズ」 料理コンテスト 2021の募集については、7月に発表予定です。


【入賞作品】

金賞 早見裕亮氏

天使の海老とカルローズのサラダを冷たいトマトのガスパチョと共に

銀賞 菅原裕也氏

オマール海老のラクサ カルローズのライムライスとともに

銅賞 加藤太輔氏

スモーキーなカルローズと穴子のサラダ 抹茶のスープ仕立て