会長挨拶

内閣府認定 公益社団法人全日本司厨士協会会長
世界司厨士協会連盟加盟国日本代表
宇都宮久俊

 新春を迎え、皆様にお慶びを申し上げます。
 今期の活動について各地方本部の羅針盤として、「日本食文化」の要として、各調理師団体と協力しながら、私流も織り込みながら誠心誠意務めて参ります。

 さて、昨年は世界司厨士協会連盟(WACS)105カ国の世界会議がギリシャで開催されました。総本部からも出席する準備をしていましたが、海外テロの頻発や空港でのテロ行為があったイスタンブール経由で渡航予定だったこともあり、急遽参加を中止致しました。WACSのメンバーとして世界会議に出席できる西洋料理団体として、誇りを持って協会メンバーは全国的に活動しております。

 今回の世界会議での重要決議は、WACSの新会長選出でした。全日本司厨士協会(AJCA)もアジア地域(28カ国)の1票を与えられている有権国として、アジアのジョン・スローン氏に投票しましたが、新会長はトーマス・ググラー氏(サウジアラビア)に決定致しました。
 新会長のトーマス・ググラー氏と私は1990年以来の親友で、昨年ドイツで開催された世界料理オリンピックの会場で新会長就任をハグして祝福しました。世界料理オリンピックでは、東海地方本部選抜のナショナルチーム、プライベートチームともに最高成績を収めました。

 世界会議では、審査部門でAJCAが推薦しておりました占部韶二郎氏(国内審査委員長、元国際審査委員)のWACS名誉会員受賞が決定したとググラー氏より報告を受けました。大変おめでたいことで日本では私に続き2人目です。占部氏への名誉会員授与にあたり、トーマス・ググラー会長とアジアの会長リック・ステファン氏には新任挨拶とプレゼンターとして6月に来日していただけるよう要請しております。

 また、昨年は調理技術技能センターの理事長として、防衛省航空自衛隊目黒基地の要請で食育教育を実施致しました。さらに一流ホテルの調理場見学要請もあり、AJCA組織強化委員長の沼尻寿夫氏(ウェスティンホテル東京総料理長)にお願いし、ホテルの調理場を快く見学させていただきました。東京地方本部城西地区本部千代田支部(村岡祐史支部長)は、航空自衛隊百里基地での野外炊飯訓練や施設の見学、研修を実施致しました。なお、昨年の6月で調理技術技能センターの理事長は任期満了につき退任致しました。

 全国のAJCA会員の皆様、常時協会運営にご協力いただきまして、感謝申し上げます。今年も頑張って参ります。会員の皆様には健康に留意され、良き年となりますようご祈念申し上げます。

歴代会長